もつ幸、博多でコスパ良しのおひとりさまもつ鍋を楽しむ

もつ幸、博多でコスパ良しのおひとりさまもつ鍋を楽しむ

店名:もつ鍋専門 もつ幸
住所:福岡県福岡市博多区網場町6-17
電話:092-291-5046

もつ幸のもつ鍋はとにかく安い!
一人前1000円とか今どきありえないでしょう。
素晴らしいコスパです。

そして、もつ幸はおひとりさまもつ鍋も楽しめます。
もつが苦手な人用に肉鍋というものもあり(1000円)、もつの代わりに豚バラ肉を使用されています。

もつ幸のもつ鍋のお出汁は鶏ガラベース。
鶏ガラベースってありそうでなかった気がして、珍しいなぁと思います。

だからかな?少し水炊きっぽさを感じます。
もつは、シマチョウを使用しているお店が多い中で、もつ幸はシマチョウに加え、センマイやハツなども入るためもつの旨みがエグいです。
スープうまし!

もちろんキャベツやニラなどの野菜は、たっぷりですが、頂点に餃子の皮を乗せるのがもつ幸さんの特徴。
この餃子の皮が美味しいんですよ。

シメはちゃんぽん麺ですが、もつ幸では白ごまを鬼のように投入するのも特徴的です。
もつや野菜の旨みを全部吸い取ったちゃんぽん麺とごま、これがまた止まらんのです。
女性でも一人で二人前はいけそうです。

もつ鍋の他にも博多名物一口サイズの餃子などの名物ものもあり、自家製のポテトサラダもあり、一品料理も魅力的なメニューが控えています。

ステーキハウス大地、金沢市でハンバーグを食べるならおすすめ

店名:ステーキハウス大地
住所:石川県金沢市東力4-203
電話:076-292-2223

ステーキハウス大地は、A5和牛を扱うお店です。
ステーキとハンバーグがメインです。

ステーキハウス大地おすすめは、ランチの和牛ハンバーグです。
ハンバーグというと牛ミンチをこねて作っているものが一般的ですが、ステーキハウス大地のハンバーグは違います。
口の中に入れるとまるでお肉の塊を食べているかのような味わいなんです。

しかもそれはとても柔らかく口の中ですぐにホロホロと崩れていきます。
肉汁がたっぷりでも脂っこいわけではなくペロリと一つ食べられます。

熱々の鉄板の上には乗せて提供されるので、いつまでたってもアツアツの状態で食べられます。
ハンバーグの概念を超えてしまうものです。

トッピングには青じそ、チーズ、ガーリックなど選択をしてプラスする事も出来ますが、私はノーマルが一番この牛肉の味わいがしっかりと分かるのでおすすめです。

和牛ハンバーグランチは200グラム1000円(税別)です。
ご飯、お味噌汁、コーヒー付でこのお値段です。
とてもお得感があります。

ステーキハウス大地に入るとすぐ鉄板があり、目の前でハンバーグやステーキを焼いている姿を見ることができます。
いらっしゃいませの声が響き渡り、スタッフの方は元気な印象です。

札幌市中央区、牛かつ専門ふしみの牛レア度がすごい!

店名:牛かつ専門ふしみ
住所:札幌市中央区南1条西2丁目5 南1条KビルB1
電話:011-205-0621

ふしみは、札幌では珍しい、牛かつのお店で雑誌やテレビで紹介されているお店です。

今回はランチで、ふしみに行ってきました。
私が注文したのは、国産牛ヒレ1枚盛り1800円です。
正直言いますと1300円くらいにしていただけると嬉しいですね。

まず、ふしみに入ると店員さんにメニューを聞かれます。
オーダーを席に取りに来るシステムではなく、先に注文をして料金支払いも済ませて商品を持ってきてくれるシステムです。
なんだかファーストフード店みたいです。

飲み物も同様に注文なんですが、ラインで友達になるとずっとワンドリンクが無料になるサービスがあります。
ふしみ店内は少し薄暗くバーのような雰囲気で、おしゃれです。
デートや女子会で利用するのがいいかもしれません。

牛ヒレかつを待つ間、注文したジュースを店員さんが持ってきてくれ全部の席にポットで麦茶が用意されてる説明をしてくれました。
とても感じの良い店員さんです。

そのあとすぐに牛ヒレかつが登場したんですが、お肉が真っ赤でビックリしました。
ちゃんと鉄板が一緒についてるので、そこで好みの焼き加減にお肉を焼いていただくようです。

ごはんは麦ごはんで、とろろもセットになっていて最後はごはんにとろろをかけて食べると、とても満足することが出来きました。

ブルーノHEPナビオ店、梅田で本格カレーを食べよう!

店名:ブルーノHEPナビオ店
住所:大阪市北区角田町7-10HEPナビオ7F
電話:06-6315-5252

オススメ:ビーフカレー
価格:1200円(税別)
接客:とても良い

ブルーノの雰囲気は初めてくる人だったら、ここカレー屋さん?と思うかもしれないくらい、カレー屋さんぽくない感じです。
でも店の中は綺麗だし赤色のシャンデリアがあって、とても素敵です。

ブルーノの店員さんは、ほとんど女性です。
料理や薬味の説明なども、丁寧にしてくれます。

ブルーノのカレーの種類は10種類程で辛さが、甘口・辛口・激辛の3種類から選べます。
甘口でも中辛くらいの味で、辛いのが苦手な方は店員さんに伝えれば追加料金で甘めにしてもらえます。
カレーとライスは別々に持ってきてくれます。

ライスはバターライスで、あと薬味が6種類あります。
バターライスと薬味は、おかわり自由です。
何回おかわりしても、ちょっとだけじゃなくて、たくさん入れて持ってきてくれます。

私の薬味のオススメはチーズです。
そしてブルーノで1番好きなのがビーフカレーです。
小さい頃からずっとこれです。

カレーの中の肉は、たっぷり入っていて、たまに大きいのが入ってるとラッキーと思います。
何杯でも食べれる美味しさです。

ミート矢澤 五反田本店のチーズハンバーグが美味

店名:ミート矢澤 五反田本店
住所:東京都品川区西五反田2-15-13 ニューハイツ西五反田1F
電話:03-5436-2914

東京の五反田にあるミート矢澤というお店はハンバーグなどの肉料理が特に有名なお店で、値段設定もやや高めですが、行列ができるほどの人気となっています。

そんなミート矢澤でのメニューの中で、多くの人が好んで食べているのが黒毛和牛100%デミグラスチーズハンバーグになります。
こちらは税込みで2084円と、それなりに高いのですが、それでも人気となっているメニューと言えます。

黒毛和牛を使っている分、これだけ高い値段になっているのですが、その分味はとても美味しいです。
そして、特徴的なのはチーズの存在で、ハンバーグの上にどかっと大きめのチーズが載っています。

さらにしばらく置いておくと、そのチーズがどんどん溶け出して、ハンバーグの周りをどんどん覆っていきます。
その見た目のインパクトも印象的ですが、そういった状態にしてからの方がより美味しそうに見えます。

ポテト、コーン、ブロッコリー、プリトマトなども添えられており、全体的に彩も綺麗ですから、2000円以上の値段を払ってでも食べる価値はあると思います。
ミート矢澤五反田本店のメニューの中で特におすすめと言えます。

エラワン、新宿東口の本格タイ料理がビュッフェで楽しめる店

店名:エラワン 新宿東口店
住所:東京都新宿区新宿3-28-10 ヒューマックスパビリオン 4F
電話:03-3359-3814

エラワンでは、本格的なタイ料理をリーズナブルな値段で楽しむことができます。
中でもエラワンでおすすめなのは、ランチブッフェです。

平日なら1380円、休日は1780円で90分のランチブッフェを楽しむことができます。
エラワンのランチは、平日休日どちらも11:30からですが、オープン前からお客さんが列をなして待っている人気店です。
予定が決まっている方は、事前予約をおすすめします。

ブッフェに並んでいる料理は、日によって少しずつ異なりますが、人気メニューはいつも並んでいます。
グリーンカレーやイエローカレー、トムヤムクン、パッタイ、ガパオ、ヤムウンセンなど王道メニューが一通りそろっています。
どれも本格的なタイ料理ですが、日本人でも食べやすいように辛さなども加減されているように感じます。

中でも私が好きなのは、イエローカレーとガパオです。
辛さもちょうど良く、ジャスミンライスの炊き加減も抜群で、何度もおかわりをしてしまう程美味しいです。

スペースの一角には自分でフォーを茹でる場所もあり、出来立てを楽しむこともできます。
エラワンは、スイーツが充実しているのも女性に嬉しいところです。

接客してくれるエラワンのスタッフの方は、ほとんどがタイ人の方です。
日本語も上手で終始笑顔で接客してくれます。
食べ終わった皿を適度な間隔で下げに来てくれるのも好感が持てる点です。

月に1度は食べたくなる、やみつきになること間違いなしのタイブッフェ、是非みなさんもエラワンに行ってみてください。

北海道函館市のレストラン雪河亭のカレ-

店名:レストラン雪河亭 本店 五島軒本店
住所:北海道函館市末広町4-5
電話:0138-23-1106

雪河亭は、北海道函館にある五島軒は明治12年創業の老舗洋食レストランです。
お店は白く大きな洋館を思わせる格式のある店構えです。

お店に入ると、雪河亭の店員は黒のベストにスラックス、白いワイシャツに蝶ネクタイというスタイルで礼儀正しいおもてなしをしてくれます。
お店の中は明治を思わす、天井にはシャンデリア、広いテ-ブルには白のテ-ブルクロスが目につきます。

雪河亭のメニュ-はオムライスやビ-フシチュ-など洋食のメニュ-が揃ています。
なかでも雪河亭のカレ-は、有名で一度は食べたくて来ました。
カレ-は日本、インド、イギリス、フランス風と何種類ものカレ-があります。

私は日本風カレ-1280円をオ-ダ-しました。
カレ-が来る前に、ピ-ナッツ、らっきょ、ふくしん漬けなど数種類の付け合わせがきました。

日本風カレ-は大きなお皿にカレ-とライスが別々にきます。
味は昔のカレ-を思い出すもので、ポ-クが入っていてとてもまろやかな味です。

付け合わせをトッピングしてカレ-を食べます。
カレ-の量が多すぎて、ライスをおかわりしたくなるほどのボリューム感いっぱいで美味しかったです。