カテゴリー: 洋食

東京都港区六本木にあるベンジャミンステーキハウスで年始初の高級肉料理

店名:ベンジャミンステーキハウス 六本木 BENJAMIN STEAKHOUSE ROPPONGI
住所:東京都港区六本木7丁目14-4 レム六本木ビル B1F
電話:050-3187-9089

2020年の初めてのステーキ料理を味わおうと念願のベンジャミンステーキハウスに行きました。

ベンジャミンステーキハウスの場所は六本木の有名な交差点のすぐそばにあり、看板がこじんまりしているので一見わかりにくいですがホームページにも案内が書かれているので迷うことはないと思います。
入り口をくぐるとすぐに下り階段がありその周りには各界の著名人のサインと写真が貼られています。

ベンジャミンステーキハウスのゴージャスな入り口を堪能したのち、受付にスタッフが待機しており、コートを預けテーブルへと案内されます。
席の間隔が広いので個室ではないものの周りを気にせず話せる距離感はありました。

今回はコース料理(野菜、パン、スープ、肉料理、デザートの5品)を頼んだのでその確認を行い、別料金のシャンパンを注文しました。

シャンパンがきて間も無く、前菜の野菜がきました。
さっぱりした味付けで食べやすく、一口サイズでカットされているので非常に食べやすかったです。

次にロブスターのスープです。
魚介の甘みが引き立ちとろみのある濃い目のスープです。
パンにつけて食べることもおすすめです。

そして、メインのアンガス牛のステーキです。
ちょうど写真を撮りたかったのでそれを察してくれたのか撮影をスタッフ自ら志願してくれました。
空気感でお客様のニーズを察する接客はさすがです。

初めは肉本来の味を楽しむ為何もつけず食べ、それ以外だと塩胡椒、オリジナルのケチャップソースがあります。
何もつけずそのままでも十分味が染み込んでいたので私は最後まで何もつけず食べました。

最後のデザートはバニラアイスとティラミスのセットです。
前菜からここまで1品のボリュームが多いので、普段大食いの私でも十分お腹いっぱいになりました。

ランチで5000円でしたが、食べ終えた後はお手頃な値段と感じしまうほど満足しました。
ベンジャミンステーキハウスは、家族やカップルで記念日などに利用すると満足すること間違いなしです。

宝塚市役所に行ったら宝塚料理店でランチしていこう!

店名:宝塚料理店
住所:兵庫県宝塚市東洋町1-1 宝塚市役所G階
電話:0797-77-0567

宝塚市役所に用事があって、市役所内の飲食店でランチをすることに。
それが宝塚料理店でした。

公共施設の中にある飲食店って、あまり味にはこだわっていないイメージ。
しかし、宝塚料理店はレベルが高かったです。

料理は洋食を主体としていて、手作りの日替わりメニューを用意しています。

例えば特製ミートローフやチキン南蛮、カレーランチもあります。
土曜日はプレートランチになっています。

宝塚料理店の日替わりランチは税込みで650円、プレートランチは税込みで750円です。
さすが市役所の中にあるだけあって、リーズナブルな価格ですね。

日替わりランチはシェフが趣向を凝らして作るだけあって美味しいです。
使っているお米が宝塚の西谷地区で収穫したコシヒカリで、地元愛も感じます。

サラダとスープ、ライスはおかわり自由のビュッフェ形式で、がっつりと食べることも可能です。
サラダにかけるドレッシングも種類が豊富なのも嬉しいですね。

栄養バランスを考えたメニュー構成で、安心で安全な料理を提供しているお店です。

宝塚市役所に行ったときは、宝塚料理店に行くべきです。
特に用事がない場合でも、食事をするために行くのもありです。
他の市役所にも、こういうお店があったら嬉しいと思いました。

ガスト下北沢駅前店のヒレカツがコスパ最高でやわらかくてジューシー

店名:ガスト下北沢駅前店
住所:東京都世田谷区北沢2-11-8
電話:03-5431-5781

下北沢にあるガストでは、多くの人は洋風メニューを注文する傾向にあると思います。

そういう部分が確かにガストらしさを感じさせると言えるとは思いますけど、和風メニューの中にも隠れた名作が存在しているのです。

例えば、やわらかひれかつはその1つと言えますけど、ガストのやわらかひれかつというメニューはカツ専門店に負けず劣らずという面が特徴としてあります。

カツとして非常に完成度が高くて、やわらかいのにジューシーという点が協調できます。

にもかかわらず、このメニューは699円となっていて、値段がすごい安く感じます。

カツのボリュームが小さいわけでもないですし、4切れほどあるので数も普通じゃないか?と思います。

こういった部分からすると、699円という値段はかなりお得な感覚になってくるのです。

ガストでしか味わえない味、体感できない値段と言える可能性もあるので、このやわらかひれかつについては存在を知らない人も多くいると思うのですが、穴場的なメニューとして頭に入れておくべきです。

和風のメニューに関しても十分に魅力があるという点も同時に知っておくと良いと思います。

おぐら本店、宮崎市ご当地グルメ!チキン南蛮発祥のファミレス

店名:おぐら本店
住所:宮崎県宮崎市橘通東3-4-24
電話:0985-22-2296

おぐら本店おすすめ料理

おぐらのチキン南蛮、1010円。

おぐら本店の価格

1000~2000円程です。

おぐら本店の接客

お水、オーダー取りは早いです。
提供スピードも早く常に混んでいるのに店員さんは焦らず案内、接客してくれました。

おぐら本店まとめ

宮崎市繁華街の路地にひっそりとある、昭和36年創業「おぐら」の本店です。
昔変わらない味をしっかり提供してくれる、宮崎発祥のご当地グルメ、今ではコンビニ弁当でもありますが別物です。

九州特有の甘めな味付けの甘酢タレと、タルタルソースと合わせたときの美味しさは、流石の発祥店といったレベルの高さです。

少し軽めのトマトソースパスタとキャベツでリセットしつつ、またチキン南蛮を食べるループは止まりません。
他にも洋食メニューがありますが、ほとんどのお客さんはチキン南蛮を頼んでいました。

店内は昔ながらの内装に、ナプキンやおしぼりなどオリジナルのアメニティーを使っていました。
1階と2階に80席があり、一部はカウンター席でほとんどがテーブル席です。

週末は家族連れで混んでいますが回転が早いので、そこまで待つ必要はないと思います。
ランチ、ディナーとも両方使うことが出来、気軽に立ち寄れる洋食屋さんです。

長野県飯田市、カフェレスト グリーングラスの日変わりランチとおいしいデザート

店名:カフェレスト グリーングラス
住所:長野県飯田市上郷黒田475番地
電話:0265-23-3823

グリーングラスは、JR飯田線(天竜峡から辰野)伊那上郷駅下車徒歩5分ほどの場所、上郷小学校の近郊に立地しています。
お店はカフェ・スイーツ、洋食を提供しており、ランチメニューには日替わりで魚定食や焼肉定食などのメニューがコーヒーまたは紅茶付きで800円からあります。

私は、グリーングラス単品メニューの鉄板にのって提供されるスパゲティ・ナポリタンが大好きです。
鉄板に卵が敷かれておりその上にスパゲティがのった懐かしい味のする1品です。

また、デザートのモカパフェはコーヒーゼリーとアイスクリーム、生クリームのバランスが絶品です。
その他、グリーングラスは、季節限定のデザートにはイチゴの時期に登場する、イチゴパフェなどのデザートがありイチゴがどんな形のデザートになっているのか楽しみがあります。

グリーングラスの営業は、ご夫婦でされており、シェフが作る料理をあつあつのタイミングで奥様がにこやかにテーブルへと運んで来てくれます。
また、顔を覚えて頂き、「久しぶりだったね」「いつものこれね」といつもの注文を覚えていて頂けるアットホームな感じが嬉しくホッとできる優しい場所でもあります。

茨城県五霞町、ステーキハウス 赤坂 五霞店は肉好き大満足のお店

店名:ステーキハウス 赤坂
住所:茨城県猿島郡五霞町大字幸主299-2
電話:0280-84-2914

ステーキハウス 赤坂は、茨城県五霞町にあるお店です。
国道4号線に面したお店で、店名が示す通りステーキやハンバーグのメニューが主体となったレストランです。

赤坂の外観は、古き良きアメリカの映画に出てくるような、なんとなく雰囲気のある見た目です。
店内もファミリーレストランのような感じもありますが、チェーン店とは違った温かみが随所にそこはかとなく感じられ、私のような古い人間にはそれらが非常に居心地が良かったりもします。

さて、肝心の赤坂のメニューの話ですが、こちらのお店の売りはやはり何と言ってもステーキにあると言えます。

価格帯は幅広く、リーズナブルなものから中々の高価格帯のものもあります。
赤坂は総じてコストパフォーマンスに優れ、お肉本来の旨味とジューシーさを堪能できるものとなっています。

ステーキソースも程よい甘さと酸味が効いた美味しいものです、ライスがとにかく進みます。
サラダのドレッシングも自家製ならではの味わいです。

赤坂は、店員さんも親切で、よく気が付きます。
近隣はお世辞にも飲食店が充実したエリアではないので、私個人的に何かと重宝するレストランです。

目の前には白亜の姫路城!イーグレキャッスルMilleで優雅な雰囲気のお食事を!

姫路城の近くにあるイーグレ姫路の 4階に、イーグレ キャッスル ミレという創作料理のお店があります。
窓際のカウンター席に座ると、目の前の大きな窓からは、世界遺産の姫路城の絶景を見渡すことができ、美味しい食事をいただきながら絶景が楽しめます。

イーグレ キャッスル ミレのランチは、1620円からあり、旬菜弁当や穴子釜飯膳がいただけます。
旬菜弁当は、お造り、天ぷらのほか4品のお惣菜と、かやくご飯、吸い物、デザートがつき、どれも上品な味付けで、満足感いっぱいになります。
体に良さそうな素材が使われており、女性に喜ばれそうなメニューだといえます。

イーグレ キャッスル ミレの店員さんも、物腰丁寧に接客してくださり、お茶が無くなる前に、継ぎ足しに来てくれます。
紅葉の時期には、平日でも満席になるため、早めの予約をおすすめします。

ディナーもあり、イーグレ キャッスル ミレは雰囲気が良いので、女子会のほか、デートにもおすすめです。
アクセスは、JR姫路駅の北口から出て、みゆき通りをお城の方向に進み、突き当たりの大手前公園まで行くと右側にイーグレのビルがあります。

徒歩では15分ほどかかりますが、通りの両側にあるお店を見ながら、ぶらぶら歩くと気が紛れて意外に早く着くかもしれません。
姫路駅北口の近くのキュエル前からは、1時間に2本、ループバス(1回の乗車につき100円)も出ており、姫路城大手門前で降りると、徒歩5分足らずでイーグレ キャッスル ミレに着きます。

店名 : イーグレ キャッスル ミレ Mille
住所 : 兵庫県姫路市本町68-290 イーグレひめじ4F
電話 : 079-225-0030