東京都港区六本木にあるベンジャミンステーキハウスで年始初の高級肉料理

東京都港区六本木にあるベンジャミンステーキハウスで年始初の高級肉料理

店名:ベンジャミンステーキハウス 六本木 BENJAMIN STEAKHOUSE ROPPONGI
住所:東京都港区六本木7丁目14-4 レム六本木ビル B1F
電話:050-3187-9089

2020年の初めてのステーキ料理を味わおうと念願のベンジャミンステーキハウスに行きました。

ベンジャミンステーキハウスの場所は六本木の有名な交差点のすぐそばにあり、看板がこじんまりしているので一見わかりにくいですがホームページにも案内が書かれているので迷うことはないと思います。
入り口をくぐるとすぐに下り階段がありその周りには各界の著名人のサインと写真が貼られています。

ベンジャミンステーキハウスのゴージャスな入り口を堪能したのち、受付にスタッフが待機しており、コートを預けテーブルへと案内されます。
席の間隔が広いので個室ではないものの周りを気にせず話せる距離感はありました。

今回はコース料理(野菜、パン、スープ、肉料理、デザートの5品)を頼んだのでその確認を行い、別料金のシャンパンを注文しました。

シャンパンがきて間も無く、前菜の野菜がきました。
さっぱりした味付けで食べやすく、一口サイズでカットされているので非常に食べやすかったです。

次にロブスターのスープです。
魚介の甘みが引き立ちとろみのある濃い目のスープです。
パンにつけて食べることもおすすめです。

そして、メインのアンガス牛のステーキです。
ちょうど写真を撮りたかったのでそれを察してくれたのか撮影をスタッフ自ら志願してくれました。
空気感でお客様のニーズを察する接客はさすがです。

初めは肉本来の味を楽しむ為何もつけず食べ、それ以外だと塩胡椒、オリジナルのケチャップソースがあります。
何もつけずそのままでも十分味が染み込んでいたので私は最後まで何もつけず食べました。

最後のデザートはバニラアイスとティラミスのセットです。
前菜からここまで1品のボリュームが多いので、普段大食いの私でも十分お腹いっぱいになりました。

ランチで5000円でしたが、食べ終えた後はお手頃な値段と感じしまうほど満足しました。
ベンジャミンステーキハウスは、家族やカップルで記念日などに利用すると満足すること間違いなしです。