浮気の証拠をラインで掴んだ体験談

浮気の証拠をラインで掴んだ体験談

わたしは30代前半の男性です。
妻とは結婚して5年ほど経ちました。
子供が出来ない事もあり、だんだんと二人の間に溝が出来てきた感じはしていましたが、なんとなく怪しいなと思い始めたのは専業主婦だった妻がパートに出るようになってからです。

基本的なシフトは12時~17時までのはずが、残業や、飲み会が入ったと言って一週間のうち2日くらいは22時過ぎに帰宅していました。

わたしも若干妻に関心をなくしていた時なので、しばらく放っておくとだんだんとエスカレートしていき、土日もよく出かけるようになりました。

さすがに浮気をしている事を雰囲気で感じ取っていましたが、本格的に証拠を探す事にしました。
妻は機械関係に疎い為、携帯電話の初期設定などはすべて私が行いました。

スマートフォンアプリのラインの設定もわたしが行った為、わたしのノートパソコンからも妻のトーク内容が丸見えになっていました。
既読が付かないように気をつけながら見ていると、パート先の若いフリーターと浮気をしている事があっさりとわかりました。

ラインでよく利用してるホテルも判明したので、もうしばらく泳がせておいてホテルの前で待ち伏せしようと思っています。
少しだけ残っていた愛情もすっかり冷めてしまったので、最近はどのように制裁するかばかり考えています。

参考:浮気の証拠をLINE(ライン)トーク履歴で掴む方法!

連絡不精の彼から頻繁なラインは浮気の証拠

私の彼は、どちらかというと連絡不精で元々頻繁にラインをするということはありませんでした。
私の行動も気にしたことすらありませんでした。そんな彼から突然「何してるー?」という内容のラインがちょこちょこ来るようになりました。

はじめ、私は自分の浮気が心配なのかと思っていました。
ところが、それに対して私が「〇〇のカフェにいるよ!△△(彼の名前)は何してるー? 」と聞き返すと、普段写真なんか送ってこない彼から、写真付きで「今家でこれしてるよ」という旨のラインが送られて来るようになったのです。

そこで、私は怪しいと思うようになりました。
特に変わったことをしてるわけでもないのに、家の中の写真をラインで送って来るなんておかしい、これは逆に私の居場所を聞いて浮気相手と鉢合わせないようにしてた流れかも!と。

そこで、調査することにしました。
彼から私の行動を確認するラインが来るのは土曜日の夜と日曜日の昼間が多かったので、私も調査に時間をかけやすかったのです。

まずは、彼が何をしているかをラインで送ってきたら、事実確認をしにいくことからはじめました。
すると、家にいるという内容だったにもかかわらず、家に居ないことが分かったのです。

アパートの電気も消えており、チャイムを鳴らしても反応なし。
この時点で、限りなく黒に近いと思いました。

あとは言い逃れできない証拠をつかんで突き付けるだけでした。
そこで、突然家に行って彼の家を調べるとことにしました。

事前に伝えてしまうと、証拠隠滅されてしまうと思い、最悪の場合ケンカになる覚悟でわざと突然にしました。
狙ったのは日曜日の夜です。
月曜は仕事があるので、おそらく日曜日の夜遅くには家にいるだろうと考えたからです。

彼は家にいる時は鍵をかけないので、本当に突然部屋に入って行きました。
すると、彼はソファの上で寝ていました。
起きていようが強行調査をする予定でしたが、寝ていたので私が入った時、うっすら目が開き、びっくりして動けない様子でした。

すると、私がまさか来るとは予想もしてなかったのでしょう。
部屋の至る所に証拠が残っていました。

私達が使用したことないメーカーの避妊具の開封済みのパッケージや、ぐちゃぐちゃになったレシート(男性1名女性1名とかかれたカラオケのレシート)などが出てきたのです。

もうこうなると、彼も言いのがれ出来ないと覚悟したのか、正直に全て吐きました。
相手の女のことや、彼女がいない設定にしていたこと、いつから関係を持ったのか等、全て白状しました。

私の目の前で、相手の女に電話し実は彼女がいてもう会わないようにしよう、と言い連絡先も全て消していました。
その場は私もまだ彼のことが好きだったので、反省させて謝罪させたあとも付き合い続けました。

しかし、やはり彼を何かにつけて信用できなくなったのです。
わざわざアリバイを偽装してまで浮気していた事で、計画性があったことに腹が立ち、信頼できない男との将来が見えなくなりました。

結果、彼に別れ話をして別れることにしました。
信じられない相手と過ごすのは気持ちが悪いものですし、ましてや結婚なんてありえません。
別れて良かったと心から今でも思います。